民事再生 手続き

  • 法人・会社の倒産手続きを弁護士に依頼するメリット

    法人または会社の倒産手続きとして、しばしば例に挙げられるものが「法人破産」や「民事再生」です。法人破産は、法人が負っていた債務を全て免除してもらう代わりに、法人格を失い消滅する手続きであり、民事再生とは、債務の一部を免除してもらう等の計画書を作成し、計画に則って残額を債権者に返済する手続きをいいます。では、このよ...

  • 会社更生のメリット・デメリット

    会社更生とは、会社が負っている債務が支払不能になったり、超過した時に、経営を継続したまま会社を建て直す裁判上の手続きのことをいいます。会社更生は、具体的に以下の手順によって進められます。 ① 会社更生手続の申請会社更生は、裁判上の手続きであるため、裁判所に申し立てる必要があります。1 破産手続開始の原因となる事実...

  • 民事再生のメリット・デメリット

    民事再生とは、会社が負っている借金(債務)を支払うことが現実的ではなくなった時に、債務の一部分をカットしてもらう裁判上の手続きのことをいいます。 民事再生は、具体的に、以下の手順に沿って進められます。① 再生手続きの申立て民事再生は、裁判上の手続きであるため、申立てを裁判所にする必要があります。なお、この時、裁判...

  • 売掛金回収を弁護士に依頼する理由とは

    今後どのような手続きを踏んで請求すればよいのだろうか。取引先トラブルについて、こうしたお悩みをお持ちの方は、決して少なくありません。このページでは、企業法務にまつわる数多くのキーワードのなかでも、売掛金回収について焦点をあて、くわしくご説明していきます。 ■売掛金回収の重要性企業は、事業を行い、利益をあげていきま...

  • 離婚問題で弁護士に依頼するメリット

    弁護士に依頼することで、家庭事情に応じた最適な離婚の方法や手続きにより離婚することが可能になります。 中辻綜合法律事務所は、大阪市中央区を中心として、大阪市北区、大阪市西区、天王寺区、浪速区、福島区、都島区、淀川区、阿倍野区などの大阪府や、京都府、兵庫県で広くご相談を承っております。離婚問題についてお悩みの方は、...

  • 自己破産を弁護士に依頼する理由とは

    自己破産は、自己の借金を返済する能力がなくなったときや、超過してしまったときに、債務の全部を免除してもらう裁判上の手続きです。では、自己破産を弁護士に依頼することによって、どのようなメリットがあるのでしょうか。以下説明します。 ① 少額管財を利用することができる通常、自己破産手続きを行う際には、ほとんどの事件が管...

  • 自己破産の流れ

    自己破産は、自己の借金を返済する能力がなくなったときや、超過してしまったときに、債務の全部を免除してもらう裁判上の手続きです。では、自己破産を行うには、どのような手順を踏まなければならないのか、以下解説します。 ① 弁護士への依頼まずは何と言っても、弁護士と破産手続きに関して委任契約を締結する必要があります。弁護...

  • 自己破産のデメリット

    自己破産とは、借金を返すことができなくなったとき、又は借金が超過したときに、借金を全て免除してもらう裁判上の手続きのことをいいます。借金が全てなくなるという性質上、簡便であるとは言えますが、その反面デメリットも多く存在します。では、自己破産をすることによるデメリットについて以下説明します。 ① 財産がほとんどなく...

  • 自己破産のメリット

    自己破産とは、自己が負っている借金を支払うことができなくなったときや、超過してしまったときに、債務の全額を免除してもらう裁判上の手続きのことをいいます。では、自己破産を行うことによって、どのようなメリットがあるでしょうか。以下説明します。 ① 債権者からの取り立てがなくなる自己破産を申し立て、破産手続開始の決定が...

  • 遺産分割協議の重要性

    遺産分割協議は相続の中でも非常に重要な手続きになります。被相続人が亡くなった時点で、被相続人の相続財産は相続人の共有状態におかれることになります。これは仮の状態ですので、相続財産をどのように相続人間で分配するかを決定する必要があります。これを「遺産分割」と呼びます。 遺産分割を行う方法の一つが「協議分割」すなわち...

  • 法人破産のメリット・デメリット

    法人破産とは、法人が負っている債務(借金)を帳消しにする裁判上の手続きのことをいいます。借金が全てなくなるという利便性から、運用する方も多いですが、法人破産には、運用に伴うデメリットも多く存在します。今回は、メリットとデメリットに分けて、法人破産を詳しく説明します。 ■メリット① 債務を支払う義務がなくなり、債権...

  • 自己破産すると誰にばれるか

    自己破産の手続きを進めるためには給与明細書、源泉徴収票、退職金見込額証明書などが必要になります。これらの書類の発行は会社などに依頼することになりますが、退職金見込額証明書は必要な理由などを説明しなければ発行してもらえない可能性が高いため、退職金見込額証明書の発行の際に自己破産をしたことが会社にばれてしまう恐れがあ...

  • 会社倒産の手続きや流れ

    また、破産とは、債務超過に陥ってしまった場合に裁判所に対する申立てによって行う手続きで、債務の支払いが免除されます。以下では、会社の破産手続きの流れについて解説しています。 ■会社の破産手続きの流れ・必要書類の準備会社の破産手続きには、会社の全部事項証明書、直近3期分の貸借対照表・損益計算書、破産申立時点の清算貸...

  • 法人破産でかかる費用

    破産手続きにおいては破産手続きを行う破産管財人の選任が必要となります。予納金は破産管財人に対する報酬を確保等するため必要となります。予納金の額は裁判所や負債額に応じて変動します。一般に負債額が大きいほど、段階的に予納金の額も大きくなります。 また、少額管財事件を利用する場合には、予納金の額が20万円程度となる場合...

  • ギャンブルでできた借金も自己破産できる?

    よって、自己破産には、免責が不許可となる「免責不許可事由」が定められており(破産法252条1項)、免責不許可事由に該当すると、自己破産の手続きを経ていたとしても、免責が許可されないこととなります。 そして、免責不許可事由には、「浪費又は賭博その他の射幸行為をしたことによって著しく財産を減少させ、又は過大な債務を負...

  • 違法にならない退職勧奨の進め方

    具体的な手順としては、①説明資料の用意等の事前準備、②面談、③退職の合意、④退職届の提出及び退職合意書の締結、⑤退職の手続き、という流れになります。 ①について、退職勧奨をする理由として、「この仕事が合わないと思うから」「馬が合わないからやめてほしい」といった抽象的なものでは、任意の退職を実現することは難しいでし...

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

弁護士 中辻 大輔 (なかつじ だいすけ)

経歴
  • 平成21年 弁護士登録
  • 平成31年 中辻綜合法律事務所設立
所属 団体
  • 大阪弁護士会

弁護士 豊田 夕雪 (とよだ ゆき)

経歴
  • 令和元年司法試験合格
  • 令和2年弁護士登録
  • 同年中辻綜合法律事務所入所
所属 団体
  • 大阪弁護士会
集合写真

事務所概要

倒産(再生)・中小企業の法律顧問(支援)・相続・交通事故等の民事から刑事まで幅広く手掛けております。迅速な処理と強力なサポートで、依頼者の利益のために結果を出せるよう尽力しています。

名称 中辻綜合法律事務所
代表者 中辻 大輔(なかつじ だいすけ)
所在地 〒540-0037 大阪府大阪市中央区内平野町2-3-14 ライオンズビル大手前1202号
TEL・FAX TEL:06-6910-7370  / FAX:06-6910-7371
対応時間 平日 9:00~18:00 (事前予約で時間外も対応可能)
定休日 土・日・祝 (事前予約で休日も対応可能)
URL 会社破産/倒産の特設サイト